プロミスの借入歴はクレジットカードの審査に影響する?

クレジットカードは、大きな物を買う時や通販などで商品を買うときにとても便利なので、誰しも一枚くらいは持っていたいものですね。
しかし勿論クレジットカードを作るときにも審査があります。
意外にこれに落ちる方もいるのですが、どういう方が落ちるのかというと、当たり前ですが第一には収入がなくて返済の当てがないという方です。
そして、現在または過去数年の間に何かのローンなどを延滞したことがあるという方ですね。
ローンの延滞は事故情報として信用情報機関に登録されており、事故情報がある方をブラックリストなどと呼ばれます。
プロミスの借入歴があり、過去または現在延滞があったとしたら、当然ブラックリストなのでカードは作れないでしょう。
そして、現在プロミスで借入がある場合も、信用度が低くなりますから、カードの審査には落ちる確率が高くなります。
問題は、現在はプロミスで借入していないけれど、過去に利用したことがあるという場合ですね。
この場合は、借りては返しを繰り返して自転車操業をしていたのなら、健全なカード利用ができないとみなされて落ちる可能性が高いでしょう。
プロミスだけでなく、他の金融業者からの借入も全て信用情報に登録されているので、多重債務者になっていた過去があるとしたら、これはとても不利になります。
ただこの情報は5年たつと徐々に消えていくので、過去5年の間にそういった不健全な借り入れ状況がなければ特に問題はないでしょう。