貴方は何歳?血管年齢の測定は指先で簡単!

血管年齢というのは、しなやかさを目安として血管の状態を年齢で表したものです。40代に入ると高くなると言われていましたが、最近では食生活の変化や運動不足などの原因により、20代や30代の若い人の中にも実年齢よりもはるかに高いという人が増えてきました。これはどういうことかというと、血液がドロドロになっているということなんですね。そして血液がドロドロだと動脈硬化を引き起こすなど健康のリスクが上がってしまいます。そんなことにならないために、まずは血管年齢を測定し、現在の血管の状態をチェックしてみましょう。測定方法はいくつかありますが、最近では指先をセンサー部分に20秒ほど入れるだけですぐに結果が出てくる測定器まで登場しています。病院でも検査はでき、時間も費用もそれほどかかりません、
さて、自分の血管年齢を知ることによって、ショックを受ける人もいるかもしれませんが、慌てなくても大丈夫です。この年齢は、食生活を改善することによって若返らせることができるのです。つまり、血液ドロドロからサラサラにすればよいということですよね。血液をサラサラにする効果があるDHAを多く含むイワシやアジなどの青魚をたくさん摂るように心がけましょう。また、お茶や海藻、納豆などもサラサラ血液の味方です。それから適度な運動を行うことも効果的です。健康的な食生活を心がけ、健康的に体を動かすことで、血管だけでなく外見も若返らせてしまいましょう。